聖隷クリストファー大学│保健医療福祉の総合大学

大学の概要

建学の精神・ごあいさつ

建学の精神 「生命の尊厳と隣人愛」

「隣人愛」とは、「自分を愛するようにあなたの隣人を愛しなさい」という聖書の教えに示された愛の心です。聖隷クリストファー大学は、創立以来この隣人愛 と生命の尊厳を基本理念として、保健医療福祉分野の専門職の育成に取り組んできました。その原点は、1930年に浜松のクリスチャンの若者たちが建てた結核患者のための小さな病舎にさかのぼります。目の前で苦しんでいる人のために、自分自身が感染するかもしれないという状況の中で無償の愛をささげたこの行 いが、今日、日本有数の医療・福祉・教育集団となった聖隷グループのすべての事業の始まりなのです。混迷する現代社会の医療・福祉の中で、人と共にあり。 その不安や苦痛、悲しみを理解し、共に生きることを人生の喜びとする。聖隷クリストファー大学では、先人達によって示された愛と奉仕の精神を受け継ぎ、地域に貢献し、国際社会においても活躍できる専門職を育成しています。

建学の精神 「生命の尊厳と隣人愛」

聖隷とは

新約聖書のヨハネによる福音書第13章に、最後の晩餐のとき、キリストは「食事の席から立ち上がって上着を脱ぎ、手ぬぐいを取って腰にまとわれた。それからたらいに水をくんで弟子たちの足を洗い、腰にまとった手ぬぐいでふき始められた。…」とあります。当時、人の足を洗うことは奴隷の仕事でしたが、キリストは弟子たちに行動をもって最後の教えを示しました。「聖隷」の名はこの個所に由来しています。
聖隷の創立者・長谷川保たちは、奴隷の形をとって弟子たちの足を洗われるキリストの姿をクリスチャンの理想の生き方と考え、社会福祉事業を目的として聖隷社を創立。ここから「聖隷の歴史が始まったのです。」

聖隷とは

大学名の由来

「クリストファー(Christopher)」とは「キリストを運ぶもの・担うもの」を意味し、3世紀半ばごろの半伝説的な殉教者の名前です。彼は少年に姿を変えたキリストをそうとは知らずに背負って川向こうまで運ぶのですが、その少年(キリスト)は世界のすべての罪と苦しみを背負い、だれよりも重かったのです。以後、「クリストファー」はキリスト教の精神を担うことの高貴さを表す名称としてヨーロッパ諸国に広まりました。聖隷の創立者・長谷川保は、クリストファーがキリストを背負ったように、病人や障害者、お年寄りの不安や苦痛、悲しみを理解し、大事にケアする人がこの大学から育ってほしいとの願いから「聖隷クリストファー」と命名しました。

大学名の由来

シンボルマークの由来

外側の二重円は、最後の晩餐でキリストが弟子たちの足を洗った「たらい」を表現。内側の3つの円は、聖隷グループが使命とする医療(赤)、福祉(緑)、教育(青)を象徴。中央の十字架はキリスト教を示し、聖隷のすべての事業がキリスト教会の中から始まったことを示しています。故アルバート・アットウェル博士(アメリカ人、1978〜1981年聖隷学園に奉職)により、1980年に聖隷のシンボルとして考案されました。

シンボルマークの由来

聖隷の精神を実践する保健・医療・福祉のスペシャリストを養成しています

1930年、創立者・長谷川保が貧しい結核患者を受け入れて一緒に生活することから始まった聖隷の事業は、激しい迫害に耐えて続けられました。1949年、敗戦後の日本の復興は教育によるしかないと考えた長谷川保は教育事業を始めました。常に時代のニーズに応え、看護師養成、聖隷浜松病院・聖隷三方原病院の医療の近代化を進め、障がい者福祉など次々と開拓的に仕事をしてきました。1961年には日本初の特別養護老人ホーム十字の園を開園、1981年には日本初のホスピスを開設し、保健・医療・福祉・教育の総合された団体として全国に発展してきました。
現在聖隷グループで活躍する従事者は約13,000人にのぼります。仕えること、共に生きることに喜びを見いだす、聖隷の精神を実践する人材を育成するために、私たちはこれからも新たな時代を支える保健・医療・福祉のスペシャリストを養成していきます。

長谷川 了

学校法人 聖隷学園 理事長
長谷川 了

隣人愛と知の技で 人々の健康と幸福を導く「現代のクリストファー」へ

私たち聖隷クリストファー大学は、建学の精神であるキリスト教精神による「生命の尊厳と隣人愛」を教育・研究・諸活動の中心に置き、保健医療福祉の高度専門職業人の育成を通して、人々の健康と幸福、そして地域と世界の福祉に貢献します。
皆さんには、「生命の尊厳と隣人愛」の精神に裏付けられた人間観の上に、保健医療福祉の専門職業人としての教養と専門分野の知識・技術を身につけ、一人ひとりの対象者に労を厭わず、人々の健康と幸福を導く「現代のクリストファー」に成長してほしいと願います。
本学での学びは、豊かな創造性と実践力を養うため、学生による主体的学習(アクティブラーニング)を積極的に取り入れています。この教育方法では、学生自らが主体的な学習者として知識や技術を探求・習得しなければなりません。すなわち、大学での学びの主役は皆さん自らであって、主役である皆さんにはその自覚と責任が必要となります。皆さん、本学の独創的かつ恵まれた教育・研究・実践の環境を存分に活用し、学友・教員と連携協働して、高度な専門的知識・技術の修得と新しい知の創造を目指してください。
私たち教職員も皆さん一人ひとりに尽くす教育を行い、いつも皆さんと共にあります。

大城 昌平

聖隷クリストファー大学 学長
大城 昌平

「安心して、行きなさい」