聖隷クリストファー大学│保健医療福祉の総合大学

学部・大学院・大学図書館

助産学専攻科

修業年限1年、大学等で看護学を修めた後に入学します。

本学助産学専攻科では人や環境にやさしい、隣人愛の実践者を育てます。生命の誕生に真摯に向き合い、倫理観を持って最後まで責任の取れる誠実な助産師、知的好奇心を高く持ち、高度な専門的知識・技術を実践できる助産師になるために、周産期学、健康教育論、助産院実習などを行います。

取得できる資格
  • 助産師 国家試験受験資格

  • 受胎調節実地指導員 申請資格

  • 新生児蘇生法(Aコース)修了認定
カリキュラム

■助産学基礎領域

  • ・助産学概論
  • ・生殖器の形態・機能
  • ・周産期学

■助産実践領域

  • ・乳幼児の成長発達
  • ・健康教育論
  • ・ウィメンズヘルス論
  • ・親子関係論
  • ・ウィメンズヘルス実習
  • ・助産学研究
  • ・助産管理論
  • ・助産診断学
  • ・助産技術学Ⅰ・Ⅱ
  • ・助産診断・技術学実習
  • ・助産業務管理実習
  • ・地域助産学実習

■助産実践関連領域

  • ・宗教と生命
  • ・家族社会学
  • ・生命倫理論
専門科目ピックアップ

ウィメンズヘルス論・実習

ウィメンズヘルス論・実習

「命の大切さを伝える性教育」

思春期から更年期までの女性の健康問題に対する支援に必要な知識と技術を学修します。助産領域における性暴力に関する学修のほか、マタニティ・ヨガやアロマセラピーの実際を体験します。中学生を対象にした性教育では、学生主体で企画・運営・実施・評価までの一連の流れを体験します。

助産診断・技術学実習

助産診断・技術学実習

演習「妊婦健診技術」

助産師の国家試験の受験資格を得るためには、10例程度の正常分娩の介助が法律で定められています。授業では技術演習を多く取り入れ、根拠に基づく助産技術を学んだ上で実習に臨めるように学修内容が組まれています。また、助産院における継続実習では、ひとりの女性の妊娠期から分娩期、産後1カ月までを継続的に関わり、助産師としての専門性を学びます。

年間スケジュール

実習カレンダー (2017年度)

1年間の履修の流れ

1年間の履修期間の中で、女性の一生を通じて性と生殖の健康問題に関して支援することを学修していきます。まず、5月までの2カ月間は講義・演習を中心とした授業を行い、6月から3週間「助産診断・技術学実習」を行います。その後、学内で実習の振り返りを行い、「授業」と「実習」を繰り返すことで段階的に学修することができます。

実習先一覧
  • ・聖隷浜松病院
  • ・聖隷三方原病院
  • ・中東遠総合医療センター
  • ・磐田市立総合病院
  • ・浜松市内の助産院
  • ・産科・小児科クリニック ほか
助産学専攻科のデータ

◎助産師国家試験合格率(2016年度)

種 別 助産師

受験者数 17名
合格者数 17名
合格率 100%
全国合格率 93.2%
就職実績(2017年3月修了)
看護師
 
聖隷関連施設 ………………
聖隷三方原病院、聖隷浜松病院
静岡県  ……………………
浜松医科大学医学部附属病院、浜松医療センター、 静岡赤十字病院
愛知県  ……………………
藤田保健衛生大学病院、豊橋市民病院、八千代病院
神奈川県 ……………………
大口東総合病院
メッセージ

久保田 君枝 教授
専攻科の学生は、それぞれの夢をもって助産師をめざして入学してきます。卒業大学は異なっていますが個人ワーク、グループワークを通してお互いに学び合う17名の輪ができていきます。教員は、学生がめざす助産師のニーズに合わせた、講義・演習等に工夫を凝らし、興味・関心を持って貪欲に学修できるように準備しています。実習は多岐にわたる学修の機会に恵まれた実習施設と多数の先輩助産師からの指導を受けることができる素晴らしい実習環境にあります。学生のやる気次第でめざす助産師に近づくことができます。学生一人ひとりの力を期待しています。