聖隷クリストファー大学│保健医療福祉の総合大学

学部・大学院・大学図書館

看護学部

看護の基本精神は生命の尊厳と隣人愛です。

看護学は、様々な人々の生活と健康に寄り添う学問です。大学で看護を学ぶ意義は、 看護職者として幅広い教養を基盤にすえた豊かな人間性を育み、その人間性に基づく論理的判断力を養うことです。 看護専門職に必要となる知識や技術を身に付ける場として、また、同じ道をめざす仲間との連携を深める場として大学で看護を学びます。

看護学部

教育目的

看護学部では、建学の精神であるキリスト教精神による「生命の尊厳と隣人愛」に基づく深い人間理解の上に、人々の健康の保持増進、疾病の予防、健康の回復、苦痛の緩和を行い、人々がその人らしく生活できることを目指した質の高いケアを提供するために、進歩する看護専門分野および関連諸学の知識と技能を統合し、多職種連携・協働してその責務を果たし、国内外の新しい動向にも対応できる看護学分野の指導的人材として労を厭わぬ実践ができる看護専門職者を育成することを目的とします。

教育目標

看護学部看護学科の教育目的を達成するため、以下のように教育目標を掲げます。

1.キリスト教精神に基づく「生命の尊厳と隣人愛」を深く理解し、専門職者としての高い倫理観と価値観・態度を身につける。
2.看護の対象者の課題を科学的・論理的、総合的に理解し、個別性に応じて支援するための看護学に関連した基礎および専門知識を体系的に修得する。
3.様々な立場や意見、生活背景をもつ他者を理解し、自らの考えや意見を、対象に応じて正確・適切に、伝達・説明できるコミュニケーション力(表現力と語彙)を習得する。
4.課題解決に向けて、主体的・かつ仲間と協働して看護専門分野や関連諸学の学識を用いて広い視野で議論し、計画的、短期的/長期的に取り組む方法を、論述することができる。
5.さまざまな年代の多様な状況にある人々に対して、基礎分野・専門基礎分野・専門分野の知識・理論、情報、技能等を総合的に活用し、人々がその人らしく生活できるようになることを目指した看護を実践することができる。
6.保健医療福祉チームにおける看護の役割と、質の高いケアを提供するための多職種連携の必要性を理解し、協働する方法を修得する。
7.多様な文化や生活習慣、価値観・考え方をもつ他者を尊重するための倫理観と、さらに地域社会や国際社会のニーズに応える看護専門職の役割・機能を理解することができる。
8.生涯に亘り看護学・看護実践を追求しようとする意欲と信念・価値観を身につける。

取得できる資格

看護師 国家試験受験資格
保健師 国家試験受験資格[選択制]
養護教諭一種 免許状[選択制]

■保健師免許取得後、申請により取得可能な資格
第一種衛生管理者 免許
養護教諭二種 免許状

活躍の場

病院等医療機関
健診センター
教育・研究機関
訪問看護ステーション
行政機関(保健所・市町村・保健センター)
社会福祉関連施設・機関

夢を実現させたい学生を丁寧に、大切に教育します

看護や医療を取り巻く状況は常に変化しています。また、東日本大震災にみられるように、対処や解決が非常に困難なことも多々発生します。医療関係者はこのような状況に迅速に対応し、救命に生活支援に献身することが使命です。この使命を果たすためには、他の専門職種と連携を密にして取り組むとともに、一人ひとりが各自の役割をきちんと考えて実践できることが必要になります。このことができるためには、各自が“自分で考え、判断し、その判断に基づいて行動し、その結果に責任をもつ”ということを常に実践し、身につけておくことが必要です。大学で学ぶ意味はここにあります。
本学では、看護学に興味・関心を持って入学した学生が自ら問題意識を持ち、その課題解決に取り組めるように、個々の学生の学びを見守り、個人を尊重した教育を丁寧に行っています。豊かな感性と勉学に対する意欲を持ち、看護学の実践を通して、社会の役に立ちたい、夢を実現したいと考えている学生の皆さまを心から歓迎します。

学部長  藤本 栄子

求める学生像

・自分と同じように、他の人々を尊ぶことのできる人間性を備えた看護専門職を志す人
・科学的思考力を身につけ、深い教養に支えられた看護専門職をめざして学ぶ意欲のある人
・他の医療保健福祉分野の専門職を志す仲間と共に連携・協働して課題解決することに関心が高い人
・看護専門職として社会に貢献する意欲のある人

大学入学までに身につけて欲しい教科・科目等

高等学校の各教科において、本学部の目的、目標を達成するために大切な知識・態度を身につけていることが望まれます。

・国語については、他者による表現を理解出来る読解力と、自己の考え・感情を適切に表す表現力
・地理歴史・公民については多様な文化や価値観、生活背景をもつ他者を理解し、受け入れるための基礎知識
・数学については、論理的な思考を可能とするための数学的素養
・理科については、看護を科学的に実践する能力の基礎となる自然科学についての基礎知識
・英語については、広く国際社会の人達とのコミュニケーションを実現できる能力としての英語理解と英語による表現力