聖隷クリストファー大学│保健医療福祉の総合大学

保健師課程/養護教諭課程

保健師課程(選択制)

「保健師」は、保健師助産師看護師法に規定されている国家資格です。活動の場は行政機関が主ですが、産業保健など多様な場に活動範囲が広がっています。時代の変化とともに変わる健康問題に対応して人々の健康を守ってきましたが、現在保健師には高齢化や災害、感染症、さらに児童虐待・自殺問題などへの対応が求められています。この社会のニーズに応えるために、保健師の実践能力の確実な修得をめざし、演習・実習を強化したカリキュラムへと再編し、保健師課程を選択制としています。
保健師国家試験受験資格は、看護師教育課程の卒業に必要な単位数に加えて、公衆衛生看護学に関する科目を選択・履修することで取得できます。

※保健師国家試験受験資格と養護教諭一種免許状取得は選択制ですが、いずれか1つのみ選択可能です。

授業ピックアップ

1年次 地域看護学実習

「個人の健康行動」や「人々の交流」を通して健康を考える

地域看護学実習

介護予防を目的として活動している団体を訪問し、日常生活や健康行動を尋ね、人々の交流の様子や地域を回り生活圏を把握します。この実習を通して健康を決定する要因、予防の大切さ、健康な人にも看護の支援が必要なことを学びます。

2年次 公衆衛生看護技術論演習

人々の「自分の健康は自分で守る」力を引き出す保健師の技術を学ぶ

公衆衛生看護技術論演習

地域で生活するすべての人々を支える保健師の、個人とその家族、集団や地域に対する実践的な支援技術を学びます。家庭訪問や保健指導を実践的に学修し、公衆衛生看護学実習の基礎を固めます。


養護教諭課程(選択制)

養護教諭は、学校に勤務し、子どもたちの心身の健康に携わる「保健室の先生」です。近年、生活習慣の乱れ、児童虐待やいじめ、アレルギー疾患、感染症など、複雑・多様化する子どもをめぐる心身の健康課題に適切に判断・対応できる看護学・医学的知識をもった養護教諭が求められています。本学では、確かな知識と技術の修得による看護実践力をもとに、子どもの命と健康を守り、健康になろうとする力を子どもたち自身が獲得していく過程を支えることができる養護教諭の養成をめざします。

【養護教諭一種免許状】
看護師教育課程の卒業に必要な単位数に加え、養護・教職に関する科目を選択・履修することで取得できます。

※保健師国家試験受験資格と養護教諭一種免許状取得は選択制ですが、いずれか1つのみ選択可能です。

授業ピックアップ

2年次 教育課程・方法論

「教えること」の難しさと喜びを知る

教育課程・方法論

教育方法の基礎的理論を理解し、教育の目的に適した指導技術を身につけます。その上で、子どもや地域のニーズをもとに、自分で考えたテーマに沿って授業(保健教育)を設計し、学生間で発表し合います。

4年次 養護実習Ⅰ・Ⅱ

児童・生徒の心身の健康を守りはぐくむ実践力を身につける

養護実習Ⅰ・Ⅱ

大学で修得したことを基に、学校現場で養護教諭の職務について実習を通して学びます。保健管理、保健教育にかかわる養護教諭の執務内容を一つひとつ体験的に学びます。
・養護実習Ⅰ:1週間
・養護実習Ⅱ:3~4週間