聖隷クリストファー大学│保健医療福祉の総合大学

学部・大学院・大学図書館

学科長メッセージ

学科長メッセージ

聖隷の建学の精神に基づく理学療法のプロフェッショナルを育てる!
わが国は人生100年時代を迎えようとしています。高齢者が健康で活躍できる健康寿命を維持するためには、時代に即した保健医療制度の枠組みの転換と社会システムの構築が必要です。理学療法士は、ライフシフトに伴う多様化する人々の人生を受け入れる力を身につけ、高度化・専門分化する医療から、健康増進や疾病予防、地域の保健・福祉まで、幅広い分野での活躍が期待されています。一方では、医療の国際展開が進んでおり、国際的な視野をもち、世界に情報発信し、国際交流・協力のできる理学療法士の育成が求められています。
理学療法学科では、建学の精神である「生命の尊厳と隣人愛」に基づく豊かな人間性を育み、先端の理学療法にふれつつ基礎的な知識と技術を習得するため、主体的・協働的な学びと早期からの臨床実習、地域から海外までの実践的な教育を展開し、多様な場でリーダーシップを発揮し、活躍できる理学療法士を育成しています。聖隷クリストファー大学で、さらなる理学療法学の発展をめざし、教員と一緒に追求していきましょう。

矢倉 千昭
学科長 矢倉 千昭