聖隷クリストファー大学│保健医療福祉の総合大学

学部・大学院・大学図書館

特 色

Point1 少人数制で成長するPBL教育

PBLは Problem-Based Learning の略で、知識付与型ではなく能動的かつ問題基盤型の学習を行うための教育方法です。1学年30名の学生を5〜6名のグループに分け、グループごとにチューター(教員)の方向付けのもとに、提示された課題を解決しつつ作業療法学全般を学びます。これにより学生はグループディスカッションを通して主体的に学習し考える習慣がつき、コミュニケーション能力も向上します。

Point2「生きた学び」に出合える、理想の環境

全国300ヵ所以上の施設、従事者約13,000人を擁する聖隷グループは、日本有数の医療・福祉・教育集団です。キャンパス周辺には20以上の医療・福祉施設が集まっています。学生たちは、この恵まれた環境を十分に生かし、学修や実習、ボランティア活動に積極的に取り組んでいます。また、本学科では、実際に作業療法を受けている対象者の方を招いてお話を伺うなど、対象者の方が参加する授業を行っています。

Point3 実践的な演習、施設・設備

講義で得た知識や技術を実践するために、学生同士の演習に加え、周辺施設から対象者の方に来ていただき、学生が実際に治療援助をする演習を取り入れています。たとえば、園芸を用いた作業療法では学生が他の演習で製作したプランターに、対象者の方と一緒に花を植えるという作業を通じ、知識・技術を実践する力を身につけます。また、織り機や陶芸の電気窯をはじめ、高齢者体験、トレーニングキッチンなど、多彩な作業療法を実践できる施設・設備も充実しています。

Point4 入学から卒業まで強力なサポート体制

作業療法学科では、1年次からアドバイザーによる個別の学修・生活支援、2年次は少人数グループによる学内演習指導、3年次は実習担当者による臨床実習支援、4年次は個別指導による国家試験対策・就職活動支援…と、入学から卒業まで強力なサポート体制でバックアップしています。

学習のピラミッド(学習の記憶率) 学習のピラミッド(学習の記憶率)
学習を主体的に取り組むことの重要性を示すものとして、米国のNationalTraining Laboratoriesによる学習の記憶率を示すピラミッド図が紹介されています。この図によれば、講義を聞く場合は5%、読書をする場合は10%、グループディスカッションをすれば50%、実際に自分でやってみれば75%、他者に教えれば90%記憶するというものです。
PBL教育では、学生は問題についてディスカッションし、実際に調べ、本を読み、そして発表によって他人に教えるというさまざまな過程を経験することで、単に講義を聞く場合と比べて、はるかに理解・記憶ができると考えられています。