聖隷クリストファー大学│保健医療福祉の総合大学

学部・大学院・大学図書館

特 色

社会福祉学科が目指すソーシャルワーカー像

①建学の精神である、「生命の尊厳と隣人愛」に基づき、病気や障がい、貧困などにより、弱い立場になってしまった人に、熱い思いで寄り添い
 冷静に分析し、問題解決に向けて行動できる。
②医療・福祉・教育・産業・行政・地域等の関係職種や協働者と連携し、個人と環境(家族や社会など)の間の多様で複雑な相互作用に働きかける
 ことができる。
③社会の問題や矛盾を打開し、地域づくりやサービス開発、政策への提言ができる。

社会福祉学科の教育の特徴 詳しいカリキュラムはこちら

①ライフステージに応じた、幅広い社会福祉の諸問題の理解や支援技術が身につく
人は誰もが児童期、青年期、老年期等の段階を生きるなかで、さまざまな生活上の困難に直面し、支援が必要な状態に陥る可能性があります。こうしたライフステージ上の諸困難に幅広く対処するのが社会福祉専門職(ソーシャルワーカー)の特徴です。社会福祉学科の学びでは、社会福祉の諸問題を幅広く理解し、それぞれに合った支援方策や技術を身につけることをめざします。

②自分の描いた将来像と結びつけながら学ぶことができる
マネジメントコース、アクティブライフコース、保健医療ソーシャルワークコース、スクールソーシャルワーク(こども・若者支援)コースの4コースを設けています。自分の描いた将来像(キャリアプラン)を明確にすることでより深い学びができ、将来の仕事に必要な資格の取得をめざします。

③充実した実習教育が初年次から用意されている
社会福祉学科では、社会福祉士や精神保健福祉士といった資格に関わる実習科目以外に、「インターンシップ入門」をはじめ、多様な本学独自の実習科目を設けています。周囲の社会福祉施設等の協力を得て、ソーシャルワーカーに必要な実践力を高めるための豊富な実習教育が用意されています。

④現場と直結した教育環境、現場経験豊かな教員がいる
浜松市はこども・若者のひきこもり支援、精神障がい者支援においてWHO(世界保健機関)の関係者より「地域精神保健サービス・ベストプラクティス」として選出されたり、「内閣府特命大臣表彰」を受賞したりするような実践を全国に先駆けて展開している先進地域です。これらの活動には本学科教員が深く関わっており、本学科の学生もそれを支える諸活動に実習やボランティアなどで触れ、学びを深めることができます。

社会福祉学科トピックス

①スクール(学校)ソーシャルワーカー※養成課程が始まりました(静岡県下初)
卒業生の取り組み教育課程
※学校など教育機関における社会福祉専門職をSchool Social Workerといいます。国は、2014年度末時点で約1,500人しかいないスクールソーシャルワーカーを、2019年度末までに1万人に増やすことを計画しています。

②医療ソーシャルワーカー(MSW)養成課程も充実しています
卒業生の取り組み教育課程就職実績

③公務員・社会福祉士・精神保健福祉士の求人が増えています
浜松市をはじめとする静岡県内の自治体で、社会福祉士や精神保健福祉士資格をもった社会福祉職の配置が一層進み、求人が増えています。2016年度は、社会福祉学科から4名が公務員として採用されています。

精神保健福祉士、スクールソーシャルワーカーになるために、浜松で学ぶ!聖隷で学ぶ!
~世界と日本が認めた実践がここにある~

浜松市はこども・若者のひきこもり支援、精神障害者支援において、WHO(世界保健機関)の関係者により「地域精神保健サービス・ベストプラクティス」として選出されたり、「内閣府特命大臣表彰」を受賞したりするような実践を全国に先駆けて展開している先進地域です。これらの活動には聖隷クリストファー大学社会福祉学科の教員が深く関わっており、本学科の学生も、それを支える諸活動に実習やボランティアなどで触れることを通し、学びを深めることができます。

取得資格について

社会福祉士 国家試験受験資格
高齢者や障害者、ひとり親家庭など福祉サービスを求める人やその家族に対して適切な相談援助を行い、その人たちが暮らしやすい福祉のまちづくりのための仕事をします。

精神保健福祉士 国家試験受験資格
精神的な障がいのために自立した生活を送ることが困難な人々が社会参加できるよう、本人や家族に対しての相談援助や、その人たちが暮らしやすい環境を整える仕事をします。

その他: 認定スクール(学校)ソーシャルワーカー / 福祉レクリエーション・ワーカー / 社会福祉主事任用資格 / 児童指導員任用資格