聖隷クリストファー大学│保健医療福祉の総合大学

学部・大学院・大学図書館

学生の声

充実した学生生活をおくっている学生からのメッセージ

1年 壁屋 洋希さん静岡県立磐田南高校出身

私は困っている友人がいたら積極的に相談にのってきました。その理由は、自分が困っていた時に進んで手伝ってくれた友人がおり、自分もそんな存在になりたいと思ったからです。そして人の役に立つことにやりがいを感じ、社会福祉の道を選びました。本学科は、先輩からアドバイスをもらえ、落ち着いた雰囲気のなかで学修できるため、毎日が充実しています。将来は、笑顔あふれる、幸福な生活を提供できる社会福祉士になりたいです。

壁屋 洋希

2年 竹内 祐介さん静岡県立浜名高校出身

「生きづらさ」を感じている方が幸せな生活を送るための手助けをしたいと思い、本学科を志望しました。経験豊かな教授陣や、キャンパス周辺の福祉タウンを最大限に活用できるところが魅力です。1年次は演習を通して相談援助技術の基礎を学び、また各実習での体験を学科内で共有して多方向の学びにつなげることができました。2年次からは難しい科目も増えましたが、学んだことを土台にして、先生方や仲間と協力しながら知識を積み上げていきたいです。

竹内 祐介

3年 長瀬 共永さん静岡県立焼津中央高校出身

私はスクールソーシャルワーカーをめざし、本学科に入学しました。高齢者のことだけでなく児童、障がい者、精神障がい者のことなどを幅広く学んでいます。授業は、「その人個人の問題としてではなく、社会全体の問題としてとらえる」という考えを基盤に進められ、この考えを念頭に実習やディスカッションなどに取り組んでいます。幅広い知識を得て、社会福祉士、精神保健福祉士の資格取得もめざし、勉学に励んでいきたいです。

長瀬 共永

4年 青野 結衣さん静岡県立浜松南高校出身

 「人の役に立ちたい」という思いから社会福祉士という専門職を知り、本学科に進学しました。講義では社会福祉の現状や、制度、歴史、相談援助の方法などを学んできました。実習やボランティア活動などで現場を知る機会にも恵まれ、その体験が講義内容を定着させるとともに、どのような社会福祉士・精神保健福祉士になりたいのかを考えるきっかけにもなりました。4年次になり精神保健福祉士養成の実習が始まるので、成長するために努力していきたいです。

青野 結衣