聖隷クリストファー大学│保健医療福祉の総合大学

イベント

イベント詳細

8/22(水)、スクールソーシャルワーカー講演会を開催します。

昨年度の様子

聖隷クリストファー大学社会福祉学部社会福祉学科では、スクールソーシャルワークの理解促進及び卒業生や保健医療福祉・教育等のこども若者に関わる専門職者のリカレント教育(学び直し)を目的としてスクールソーシャルワーカー講演会を開催いたします。

こども・若者支援にご興味のある方はぜひご参加ください。
学生・一般の方もご参加いただけます。

『発達障害を持つ児童生徒の理解とスクールソーシャルワーカーの役割』

「発達障害」をご存知でしょうか?発達障害者支援法には「自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害その他これに類する脳機能の障害であってその症状が通常低年齢において発現するものとして政令で定めるもの」と定義されています。
近年、法整備や特別支援教育等により、早期での支援体制が整い始めましたが、課題も多く無理解やいじめ、不適切養育等による2次障害にも注目が集まってきています。
今回は浜松市内で活躍されているスクールソーシャルワーカーさんと、発達障害児支援の専門家のお話をうかがいし、発達障害を持つ児童生徒の理解とスクールソーシャルワーカーの役割について学びます。

【プログラム】
■オープニングセッション(挨拶・趣旨説明)
佐藤順子 教授・社会福祉学科長

■レクチャーセッション(実践内容、児童生徒事例、展望と諸課題等)
平川悦子 氏(浜松市教育委員会 スクールソーシャルワーカー・スーパーバイザー)
川瀬珠実 氏(浜松市スクールカウンセラー・磐田市発達支援センターはあと)

■トークセッション
スクールソーシャルワーカー、スクールカウンセラーによる意見交換+会場からの質疑

日時:8月22日(水)13:30~15:40〔受付・開場13:00〕
場所:聖隷クリストファー大学1号館 1701大教室
対象:高校・中学教員、高校生、大学生、医療・保健・福祉現場のソーシャルワーカー、卒業生、一般の方 など
定員:50名
参加費:無料
後援:静岡県教育委員会、浜松市、浜松市教育委員会、静岡県社会福祉士会、静岡県精神保健福祉士協会

こちらのページからお申込みいただけます。
皆様のご参加をお待ちいたしております。

チラシのダウンロードはこちら
<チラシ(表)>
<チラシ(裏)>

【駐車場のご案内】
第1駐車場をご利用ください。ボタンを押すとバーが上がります。
アクセスマップはこちらから