MENU

看護学研究科

研究科長メッセージ

地域に貢献し活躍できる看護専門職者の育成を目指す

本研究科では、「隣人愛」を礎に、高い倫理観と研究能力をもち、看護学の発展に寄与し活躍できる看護専門職者の育成を目標にしています。博士前期課程では、論文コースとともに「高度実践看護師教育課程」として38単位の認定を受け、5課程の教育課程を設定しています。博士後期課程では、優れた専門性と研究能力を備え、実践的な研究課題に取り組み、多職種連携・協働を基盤とする高度専門職業人の養成を目指しています。

研究科長
研究科長
市江 和子

研究科の特色

CONCEPT-1

複雑・多様な医療ニーズに対応できる質の高い看護専門職者育成
わが国では、疾病構造の変化に加え、未曽有の高齢社会の到来を目前に控えて、保健医療および福祉のさらなる充実が急務となっています。とりわけ人々が健康な生活を営むこと、あるいは病や心身の障害にもかかわらず人間としての尊厳に満ちた生活を営むことを援助する看護の役割は大きく、高い倫理観と研究能力を有し、多様性に対応できる質の高い看護専門職の育成が求められます。

CONCEPT-2

社会の要請に対応した5つの高度実践看護師教育課程の設定
博士前期課程では、ますます高度化し専門化する看護の分野における人材の育成に貢献するため、これまでにがん看護、慢性看護、急性看護、小児看護の各領域において日本看護系大学協議会により専門看護師(CNS)教育課程の認定を受け、専門看護師の養成を行ってきました。
専門看護師に対してはキュアとケアの融合を高度な知識と技術で具現化し、医療チームの一員としてますます複雑化する医療・看護ニーズに対応する役割が求められるようになってきており、専門看護師(CNS)教育課程についてはより実践力を高める教育内容に充実させた「38単位制の高度実践看護師教育課程」への移行が求められています。
本研究科においても38単位制に対応したカリキュラム(高度実践看護コース)を構築し、がん看護、老年看護、急性看護、慢性看護、小児看護の各領域が認定を受けています。

CONCEPT-3

多職種連携・協働を基盤とする高度専門職業人の育成
博士後期課程では、建学の精神である「生命の尊厳と隣人愛」の理念のもとに、優れた専門性と研究能力を備え、多職種連携・協働を基盤とする高度専門職業人を養成することにより、社会の健康に対する課題に応え、クライエントのQOLを高める方法の探索と開発に取り組みます。

標準修業年限/学位の種類

博士前期課程

・標準修業年限/2年(長期在学コースの場合3年)
・学位の種類/修士(看護学)

博士後期課程

・標準修業年限/3年(長期在学コースの場合4年)
・学位の種類/博士(看護学)

博士前期課程/博士後期課程