MENU

社会福祉学研究科

研究科長メッセージ

社会福祉実践と研究・教育をつなぎ高度な専門職者を育成

社会福祉学研究科における博士前期課程の目的は、社会福祉実践において生活問題の解決・改善を目指し、その枠組みを理論化し、指導的な役割を果たせる高度な専門職業人の育成にあります。博士後期課程の目的は少子・高齢化、格差・貧困等の社会情勢の変化をふまえ、社会福祉分野において研究基盤をつくり、研究者として自立した活動をおこない、高度に専門化する社会の要請にこたえる研究能力を養うことです。

研究科長
研究科長
大友 信勝

研究科の特色

CONCEPT-1

社会的ニーズの変化に対応し高度な知識と広範な視点をもつ福祉専門職の必要性
少子・高齢化の進展、低成長経済への移行など顕著な社会情勢の変化に伴い、社会福祉に対する国民の意識も大きく変化し、社会福祉は国民全体を対象として、その生活の安定を支える役割を果たしていくことが期待されています。
このような状況をふまえて各種の社会福祉改革が取り組まれる中で、福祉ニーズの高度化と多様化の拡大が進み、人々を取り巻く生活・環境問題に、より専門的および総合的に対応することができる人材、すなわち社会福祉や関連領域の高度な知識や理論をもち、広範な視点を備えた福祉専門職が求められています。 社会福祉学研究科では、社会福祉実践分野において指導的な役割を果たすことができる優れた専門性と研究能力を備えた高度な専門職業人の育成を目指します。

CONCEPT-2

保健医療福祉の融合と連携の実現を目指す
聖隷グループは、社会福祉法人聖隷福祉事業団をはじめとする16法人からなり、全国に約300の保健医療福祉・教育施設を運営しています。聖隷クリストファー大学の所在地である静岡県浜松市の三方原地区は聖隷の福祉事業の発祥の地であり、聖隷グループのさまざまな施設が集まる環境は保健医療福祉の連携、統合を目指す研究フィールドとしても最適です。

標準修業年限/学位の種類

博士前期課程

・標準修業年限/2年(長期在学コースの場合3年)
・学位の種類/修士(社会福祉学)

博士後期課程

・標準修業年限 /3年(長期在学コースの場合4年)
・学位の種類/ 博士(社会福祉学)

博士前期課程/博士後期課程