MENU

社会福祉学研究科

教育・研究指導内容

分野 領域 教育・研究指導内容




社会福祉原理 <社会福祉原論>
・社会福祉専門職の実践と理論に関する研究
・ソーシャルワークの歴史と理論に関する研究
・生活問題研究とソーシャルワークに関する研究
<ソーシャルワーク>
・地域福祉の主体・対象・方法に関する研究
・住民参加による福祉活動の活性化とコミュニティワークについての研究
・社会福祉法人の地域貢献の課題と実践についての研究
社会福祉援助 <福祉工学>
・社会福祉学の福祉工学による汎用化と産業応用に関する研究
・社会から受けるサービスに対する個の応答の定量化表現に関する研究
・心と身体の健康についての定量化に関する研究
<高齢者福祉>
・要介護高齢者の在宅生活継続支援に関する研究
・施設からの在宅復帰に関する研究
・要介護高齢者の自立性回復に向けた研究
・介護福祉人材の職場定着に関する研究
<こども・家庭福祉>
・社会的養護に関する研究
・子ども家庭相談体制および機関連携に関する研究
・子どもの健全な育ちを支えるための保護者や保育者の「関わり」についての
研究
・育児・保育についての海外の実践に関する研究

研究内容・教員紹介

社会福祉原理領域
大友 信勝 教授
博士(社会福祉学)
Otomo Nobukatsu

主な研究テーマ:
公的扶助の歴史と理論

公的扶助(貧困)を通して社会福祉の思想、理論、援助方法、政策を研究

公的扶助の歩みは社会福祉の思想、理論、方法の特徴、課題を映し出す側面をもっています。貧困は経済的な生活困難だけでなく、子ども期の貧困が世代的貧困の継承を伴うこともあり、重層的な生活問題とつながる点に特徴があります。社会福祉専門職による専門性の必要があり、その意義と方法について研究します。

社会福祉援助領域
藤田 美枝子 教授
博士(臨床心理学)
Fujita Mieko

主な研究テーマ:子ども虐待の予防、地域における子どもと家庭支援

子どもと家庭を支援する地域の仕組みのあり方を研究

支援を必要とする子どもと家庭を地域で支援するための仕組みについて研究しています。子ども虐待の予防や子どもの貧困問題は、子育ての孤立化や地域社会とのつながりの希薄化が大きな要因となっています。「地域の子どもは地域で守る」を実現するための理論化と実践について多職種・多機関の支援者と共に研究に取り組んでいます。

社会福祉援助領域
大川井 宏明 教授
医学博士、博士(工学)
Okawai Hiroaki

主な研究テーマ:
個の健康、社会の健康を作る、測る

心と身体の健康、個と社会の健康を数値化する

自分の健康状態は他人に対し意識して隠します。一方、自分で知りたいと意識しても知る術がありません。これを睡眠時(無意識状態)の情報、または覚醒時でも無意識動作の情報から、福祉工学の手段で検出可能にしました。個と社会は人体と相似形の部分があるため、同じ福祉工学により個の健康、社会の健康を課題にします。

社会福祉援助領域
横尾 惠美子 教授
博士(医療福祉学)
Yokoo Emiko

主な研究テーマ:高齢者福祉施設の職場環境の改善、福祉職の人材育成

福祉実践を科学し、「やりがい」のもてる介護・福祉職場の構築

主な研究領域は福祉経営と福祉人材の育成、成年後見制度です。介護福祉士等の福祉専門職がやりがいをもって働き続けることができるように、管理者の質の研究や介護職の離職防止のための仕組みづくりなどの研究に取り組んでいます。NPO浜松成年後見センターの代表理事を務め、地域共生社会の構築のための社会活動を大切にしています。

社会福祉援助領域
野田 由佳里 教授
博士(社会福祉学)
Noda Yukari

主な研究テーマ:
介護福祉士のキャリアパス・質の向上

介護福祉学の構築・介護実践と研修プログラム・
外国人介護労働者

介護職の就業意識・帰属意識を研究し、主体的な研修参加の姿勢、省察する機会が良いケアにつながる好循環モデルの提案をしています。また、職種・経験年数などの階層別研修プログラムの作成とともに移乗動作解析研究も行っています。研究成果は介護実践現場への寄与に加え、介護福祉学の進展に貢献することをめざしています。

教育課程

共通科目

「インタープロフェッショナルワーク特講」(必修科目)と「インタープロフェッショナルワーク演習」を配置し、保健医療福祉の連携をはかり、総合的なチームアプローチの推進に資する研究・教育を展開していくことで、実務者としての高度な知識と指導力を養います。

専門科目

人権の尊重および隣人愛を基盤に、社会福祉学を実践的に発展させ、地域社会および国際社会において、真摯に貢献できる優れた見識と研究能力を備え、高度の専門性と倫理観を持つ高度専門職業人の育成を目指します。社会福祉学分野に社会福祉原理領域と社会福祉援助領域の2領域を置いています。

区分 授業科目 単位数

1年次 2年次 3年次
必修 選択



インタープロフェッショナルワーク特講 2   30 30   (30)      
インタープロフェッショナルワーク演習   1 30   30   (30)    
リーダーシップ特講   2 30 30   (30)   (30)  
保健科学研究方法特講Ⅰ   2 30 30   (30)   (30)  
保健科学研究方法特講Ⅱ   2 30 30   (30)   (30)  
保健科学英語特講   2 30   (30)   30   (30)









<社会福祉原理領域>  
 社会福祉原論特講   2 30 30          
 社会福祉原論特講演習   1 30   30        
 ソーシャルワーク特講   2 30 30          
 ソーシャルワーク特講演習   1 30   30        
<社会福祉援助領域>  
 こども・家庭福祉特講   2 30 30          
 こども・家庭福祉特講演習   1 30   30        
 高齢者・障害者福祉特講   2 30 30          
 高齢者・障害者福祉特講演習   1 30   30        
 福祉工学特講   2 30 30          
 福祉工学特講演習   1 30   30        
社会福祉学特別研究   6 180 30 30 30 30 30 30

履修方法

課程修了に必要な単位数は各分野・領域とも14単位です。14単位の内訳は、共通科目から必修科目を含む3科目5単位以上、各自が選択した研究領域の専門科目から特講2単位、特講演習1単位および特別研究6単位の合計9単位以上です。
以下に履修例を示します。

a)社会福祉原理領域(社会福祉原論)を専攻する場合(例)
区分 授業科目 単位数

1年次 2年次 3年次
必修 選択



インタープロフェッショナルワーク特講 2   30 30   (30)      
インタープロフェッショナルワーク演習   1 30   30   (30)    
保健科学研究方法特講Ⅰ   2 30 30   (30)   (30)  



社会福祉原論特講   2※ 30 30          
社会福祉原論特講演習   1※ 30   30        
社会福祉学特別研究   6※ 180 30 30 30 30 30 30
履修単位数および時間数合計 14単位 330時間

※社会福祉原理領域(社会福祉原論)を専攻する場合は必修

b)社会福祉援助領域(こども・家庭福祉)を専攻する場合(例)
区分 授業科目 単位数

1年次 2年次 3年次
必修 選択



インタープロフェッショナルワーク特講 2   30 30   (30)      
インタープロフェッショナルワーク演習   1 30   30   (30)    
保健科学研究方法特講Ⅰ   2 30 30   (30)   (30)  



こども・家庭福祉特講   2※ 30 30          
こども・家庭福祉特講演習   1※ 30   30        
社会福祉学特別研究   6※ 180 30 30 30 30 30 30
履修単位数および時間数合計 14単位 330時間

※社会福祉援助領域(こども・家庭福祉)を専攻する場合は必修

博士論文題目:修了生の研究テーマ

時間割