MENU

入試・オープンキャンパス日程

大学院 入試日程

2019年度入試
入試種別 出願期間(消印有効) 選抜期日 合格発表 入学手続期間
秋季入試 8月27日(月)~9月3日(月) 9月29日(土) 10月5日(金) 10月9日(火)~10月25日(木)
春季入試 12月10日(月)~1月4日(金) 1月26日(土) 2月4日(月) 2月5日(火)~2月18日(月)

オープンキャンパス日程

開催日 開催時間
6月16日(土) 14:00~15:30
8月4日(土) 14:00~15:30
11月3日(土・祝) 10:30~12:00

博士前期課程・博士後期課程における学修・研究内容の説明や、個別相談を行います。
参加ご希望の方は、下記よりお申し込みください。当日参加も受け付けます。

公開講座

看護学研究科公開講座(全5回)

地域の実践現場である臨地で看護研究に取り組もうとされる看護職者の皆様へ、
「看護研究の基礎」について、「研究」に重点を置き公開講座を開講します。

看護研究は、現在、地域の多くの医療機関で実施されています。しかし、実際に看護研究を進めてみると、
看護職の皆様にはいろいろな悩みがあると思います。

看護研究について、「研究過程、研究の疑問から研究課題の焦点化」から、基礎となる「文献検討」をし、
「量的研究・質的研究」の進め方と「看護倫理」を学んでいただければと思っています。

医療機関で従事されている看護職者の皆様が、日常の業務で感じている疑問や課題を解決するため、はじめの一歩になる基礎講座とします。

日時 テーマ 講師
第1回 5月12日(土)
13:00-15:00
看護研究とは何か 市江和子 教授
第2回 6月9日(土)
13:00-15:00
量的研究について(質問紙の作成) 井上菜穂美 准教授
第3回 7月21日(土)
13:00-15:00
文献検索と文献の読み方 樫原理恵 准教授
第4回 8月25日(土)
13:00-15:00
質的研究について 木下幸代 教授
第5回 9月15日(土)
13:00-15:00
看護研究における倫理的配慮と研究計画書の作成 森一恵 教授

※講座はシリーズとして開催しますが、一回のみの参加でも構いません。

  • 会場:聖隷クリストファー大学 5号館4階5401教室(第1回のみ1号館7階1705教室)
  • ※車でお越しの際は第一体育館南側の第一駐車場をご利用ください。
  • キャンパスマップはこちら
  • 対象者:看護研究に取り組もうとしている臨地施設の看護職者
  • 定員:40名程度(第3回のみ30名)
  • 問い合わせ先:キャリア支援センター E-mail:careerあっとseirei.ac.jp ※あっとを@に変えて送信してください。
  • Tel:053-436-7233

お申し込みはこちらからお願いいたします。

昨年の様子
P12

なお10月13日(土)、12月1日(土)、12月15日(土)、1月12日(土)には
『臨床看護職支援プログラム講座』を実施します。
詳細は改めてホームページにて告知いたします。

リハビリテーション科学研究科公開講座

専門職として臨床等に携わっていると、日々さまざまな疑問がわいてきます。多くの臨床家が研究疑問の解決をめざして研究に取り組んでいらっしゃいますが、実際に始めようとするとさまざまな課題や悩みが生じてくると思います。
本講座は地域の実践現場で研究を進めようと考えていらっしゃるリハビリテーション専門職の方々を対象に、研究方法の分類、デザイン、研究疑問から研究デザインの形成まで、研究への具体的手がかりを得られるプログラムといたしました。日常感じていらっしゃる疑問や課題解決の第一歩としてご利用いただければと思います。

  • リハビリテーション領域の研究-信頼できる研究計画の立て方と実践-
  • 日時:10月13日(土) 9:00~16:00
  • 会場:聖隷クリストファー大学 5号館4階 5402教室
  • 対象:リハビリテーション領域の研究に関心のあるリハビリテーション専門職の方々
時間 テーマ 講師
9:00~10:20 研究方法の種類と研究の発展段階 柴本勇 教授
10:35~12:00 実験的研究法
研究疑問から研究実施の流れ
金原一宏 准教授
13:00~14:20 実験的研究法
信頼できるデザインと信頼できないデザイン
大原重洋 教授
14:35~16:00 質的研究法 田島明子 教授
  • 問い合わせ先:キャリア支援センター E-mail:careerあっとseirei.ac.jp ※あっとを@に変えて送信してください。
  • Tel:053-436-7233

お申し込みはこちらからお願いいたします。

  • ※車でお越しの際は第一体育館南側の第一駐車場をご利用ください。
  • キャンパスマップはこちら
自立支援介護実践講座(全10回)

介護福祉実践の専門職である介護福祉士は、利用者の幸福を追求した支援を行わなければなりません。
さらに、日々の実践だけでなく、事業の経営も視野に入れた支援が求められています。
介護福祉士が中心となり、他職種と連携して実践する自立支援介護は、その鍵となります。

この全10回の講座では、自立支援介護の理論と実践、さらにはケアマネジメントまでを、
講義と演習方式で学びます。

  • 講師:古川 和稔(教授・介護福祉学科長)
  • 概要:第1回~第6回・・・講義中心 第7回~第10回・・・事例検討中心
  • 日程:※時間はすべて18:30~20:00、講座は連続して開催いたしますが、出席は全回、単独いずれでも可能です。
日時 テーマ
第1回 5月18日(金) 自立支援介護 総論
第2回 6月8日(金) 自立支援介護の理論と実践(1)水分
第3回 6月29日(金) 自立支援介護の理論と実践(2)排泄の自立(おむつ外し)
第4回 7月20日(金) 自立支援介護の理論と実践(3)食事(胃ろうから経口摂取へ)
第5回 8月10日(金) 自立支援介護の理論と実践(4)歩行
第6回 9月14日(金) 自立支援介護の理論と実践(5)認知症
第7回 10月5日(金) 事例検討(1)
第8回 10月26日(金) 事例検討(2)
第9回 11月16日(金) 事例検討(3)
第10回 12月7日(金) 事例検討(4)
  • 会場:聖隷クリストファー大学 5号館4階5401教室
  • ※車でお越しの際は第一体育館南側の第一駐車場をご利用ください。
  • キャンパスマップはこちら
  • 問い合わせ先:キャリア支援センター E-mail:careerあっとseirei.ac.jp ※あっとを@に変えて送信してください。
  • Tel:053-436-7233

お申し込みはこちらからお願いいたします。

昨年度の様子はこちら
P13

福祉工学講座(全3回)

福祉工学は、介護ロボットや情報システムの活用で超高齢社会に対応する道具や
人々の快適な生活を支援する環境を創る(実現する)学問です。
その学問を学ぶことで、介護福祉士として、より質の高い生活・人生をサポートできるようになります。

  • 講師:大川井宏明(社会福祉学研究科 教授)
日時 テーマ
第1回 6月13日(水)
18:30~20:00
医療機器を含め介護用具・機器について考える
第2回 7月4日(水)
18:30~20:00
介護を含めサービスと満足について考える
第3回 9月5日(水)
18:30~20:00
医学・工学の限界と介護・福祉工学に対する期待

※一回のみの参加でも構いません。

  • 会場:聖隷クリストファー大学 1号館4階1410教室
  • ※車でお越しの際は第一体育館南側の第一駐車場をご利用ください。
  • キャンパスマップはこちら
  • 問い合わせ先:キャリア支援センター E-mail:careerあっとseirei.ac.jp ※あっとを@に変えて送信してください。
  • Tel:053-436-7233

お申し込みはこちらからお願いいたします。

社会福祉学研究科公開講座

「我が事、丸ごと」をキーワードとした地域共生社会構築が求められる中で、昨年度は「転換期の社会福祉」をテーマに、「専門職に必要な学びとは何か」を、参加者の皆さまとともに考える機会として、公開講座を開催いたしました。
今年度は現代社会における複雑化・深刻化した社会問題としての「虐待」「不登校」「引きこもり」「自殺」を取り上げ、「転換期の社会福祉」における「こども・若者」に焦点を絞り、「予防」の視点を重視しながら、ソーシャルワークの視座に立った支援のあり方を検討します。

  • 転換期の社会福祉-こども・若者の未来に向けて-
  • 日時:9月22日(土) 13:00~16:30
  • 会場:聖隷クリストファー大学 5号館4階 5401教室
テーマ・概要 講師
■演題① 大学院で社会福祉学を学ぶとは
社会福祉学はどういう学問なのであろうか。何をめざし、何を育てる学問か。
科学を誰のために、何のために、どういかすのか。社会福祉をめぐる政策・理論動向の特徴を分析し、社会福祉学の学びの方向を問題提起します。
大友信勝 教授
■演題② こども虐待の予防に向けて
現代の子どもや家庭をめぐる問題は複雑・多様化しており、地域におけるきめ細やかな支援が求められています。特に、子ども虐待の予防は、今日の社会が取り組まなければならない大きな課題であることから、最新の知見とともに考えていきます。
藤田美枝子 教授
■演題③ 不登校、引きこもり、若者の自殺の予防と支援
社会で増え続ける、不登校、若者のひきこもりや自殺等、心理的・社会的・生物的な経過で発生する課題に焦点を絞り、それらに対するソーシャルワークの有効性について解説します。
さらに、支援の実践や研究から得た知見を予防へいかしていく「知の連携」についても提起します。
大場義貴 准教授
  • 問い合わせ先:キャリア支援センター E-mail: careerあっとseirei.ac.jp ※あっとを@に変えて送信してください。
  • Tel:053-436-7233

お申し込みはこちらからお願いいたします。

  • ※車でお越しの際は第一体育館南側の第一駐車場をご利用ください。
  • キャンパスマップはこちら