聖隷クリストファー大学│保健医療福祉の総合大学

ニュース

ニュース詳細

2017年度クリスマス関連行事のお知らせ

オーナメント

クリスマスツリーの飾り付け

クランツ制作

11月22日(水)、30日(木)、12月1日(金)クリスマスの準備をしました。

クリスマスとは、イエス・キリストの誕生日であり、本学にとって重要な日です。毎年12月にはクリスマス礼拝を行い、アドベント(Advent、待降節)※ では、クリスマスツリーの飾りつけや装飾品の制作など、クリスマスの準備をします。

----------------------------

11月22日(水)、アドベント※ に先立って、オーナメント(クリスマスツリーに飾る紙飾り)を制作しました。


11月30日(木)、制作したオーナメントなどを使い、有志の学生さんや地域の方々と一緒にクリスマスツリーの飾り付けを行いました。

本学のツリーはドイツ式で、1953年に来日したディアコニッセのハニ姉妹によって伝えられ、それ以来50年以上伝統が続いています。収穫の恵みである本物のりんごやくるみ、麦わらで作った星飾り、紙で作った雪の華など、素朴な手作りのオーナメントを飾っています。飾りつけのされたツリーは大学1号館の玄関に設置されています。


12月1日(金)、クランツ(ドイツ語で花や葉で作った輪という意味)を制作しました。

アドベントの第1週目の日曜日にクランツのロウソクに1本灯し、週ごとに1本ずつ増やし、イヴのすぐ前の日曜日には4本すべてのロウソクに灯が灯ります。学生さんが作成したクランツは大学構内に飾られています。


-----------------------------


また、今年度初めての試みとして、12月13日(水)にクリスマスツリー点火祭を行います。9,500個のイルミネーションで飾られた高さ約11メートルのクリスマスツリーを囲んで、讃美と演奏を捧げます。


クリスマスの様子は、インスタグラムでも投稿しています。点灯祭では、インスタグラムのライブ配信も予定していますので、ぜひご覧ください。

聖隷クリストファー大学 インスタグラム公式アカウント


※ キリスト教において、イエス・キリスト降誕を待ち望む期間。12月25日の4週間前の日曜日から24日のイヴまでを指します。