聖隷クリストファー大学│保健医療福祉の総合大学

ニュース

ニュース詳細

浜松市との包括連携協定を締結しました。

鈴木康友浜松市長(左)、大城昌平学長(右)

 本学は、地域の保健医療福祉の発展に資する大学として、その役割を果たしていくビジョンのもと、浜松市との連携協力が一層強化・推進されるよう包括連携協定を結びました。協定締結式は1月9日、浜松市役所にて行われました。

 本学の教育・研究の分野・特色を活かし、保健医療福祉の分野における教育や学術研究など多岐にわたり浜松市と連携協力していきます。これまでも浜松市とは、浜松市内の協働センターにおける大学生による講座、浜松市からの調査・研究の受託、浜松市が設置する審議会・委員会の委員としての協力など様々な連携をしてまいりました。今回の協定では、(1)地域の保健医療福祉の振興に関すること、(2)教育及び人材育成に関すること、(3)保健医療福祉分野の学術研究に関すること、(4)共生社会実現に向けた、地域社会の推進に関すること、(5)本協定の目的を達成するために必要な活動、調査研究、報告等などの5つの連携協力事項に対して、既存の連携事業に新たな事業を加え推進していく予定です。

 本学は浜松市との連携を通して、地域の保健医療福祉の人材養成と保健医療福祉の発展に一層貢献してまいります。