聖隷クリストファー大学│保健医療福祉の総合大学

ニュース

ニュース詳細

作業療法学科3年次生の就職支援プログラムを行いました
1月9日(火)、作業療法学科3年次生を対象に就職支援プログラムを実施しました。

・4年次生による就職活動報告会

「Share the knowledge」をテーマとし、
4年次生4名から就職活動の体験談を聞きました。

身近な先輩の話を聞くことで、内定を得るまでのスケジュールなどが
具体的にイメージでき、就職への意識が高まりました。

また4名は身体・発達・精神・高齢期とそれぞれ異なった領域を志望し就職活動を行いました。
募集人数や時期の違いなども3年次生にとっては参考になった様です。

続いて「Career SALON(MINI)」として
鶴川リハビリテーション病院から本学卒業生と技師長の先生に
お越しいただき、病院の紹介や在学当時における実習や
就職活動の進め方などについてお話しいただきました。


・就職先研究

採用担当の方より、法人の概要や事業内容、
今後の病院見学等のスケジュールについてご説明がありました。

その後、作業療法士の先生から法人全体のリハビリ部門および
所属する病院の作業療法部門のご紹介をいただきました。


今後も様々な就職支援プログラムを実施し、学生一人ひとりの就職活動が
充実したものとなるよう支援していきます。