聖隷クリストファー大学│保健医療福祉の総合大学

ニュース詳細

[大学院]リハビリテーション科学研究科博士前期課程「リハビリテーション教育学コース」の開設について
リハビリテーション科学研究科博士前期課程では、2020年4月より「リハビリテーション教育学コース」を開設します。
本コースでは、リハビリテーション教育に必要な教育学の知識や技能を修得する科目を履修します。課題研究を設定するなど実務重視のカリキュラムです。修了時には、修士号(リハビリテーション科学)が取得できます。

<求める学生像>
1.理学療法、作業療法、言語聴覚療法に関する養成施設教員をめざす人
2.すでに養成施設教員として働いている人で修士号の取得をめざす人
3.リハビリテーション教育学を学ぶ意欲のある人
4.関連する医療福祉職の免許(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士)を保有する人。免許取得後、3年以上の業務経験を有する人の進学を推奨する

なお、コース開設に伴い、博士前期課程の定員を15名とします。

詳細は決まり次第、掲載いたします。