聖隷クリストファー大学│保健医療福祉の総合大学

ニュース詳細

[看護学部/助産学専攻科]「SGE💛プロジェクト」を始動しました。
聖 隷:Seirei
婦人科:Gynecology
啓 発:Enlightenment

11/15(金)に、「SGE💛プロジェクト」企画会議を行いました。
このプロジェクトは、20から30歳代の若い女性に増加している子宮頸がんを予防しようと、看護学部と助産学専攻科の有志学生(18名)、教員(公衆衛生看護学、成人看護学、母性看護学、助産学専攻科)、聖隷予防検診センターの3者が協働して、計画を立て、活動しています。学内の活動だけではなく、会議で出された学生さんの意見は、婦人科検診の場にも反映されます。

[これまでの活動]
活動1:「聖灯祭」にて、聖隷予防検診センタースタッフとプロジェクト参加学生が協働して、婦人科健診の啓発ブースの展示を行いました。学生さんの呼び込みの効果もあり、200名以上の方にお立ち寄りいただきました。

活動2:看護学部1年次生の授業に、聖隷予防検診センターの看護職とスタッフが入り、子宮頸がんの説明、予防として子宮頸がんワクチン・子宮頸がんの検査方法等について講義を行いました。今後、2年次生、3年次生、4年次生についても、疾患の理解と結び付けながら、学修の進度に合わせ授業の一部として専門のスタッフが入って講義を行い、予防活動を行っていきます。1年次生の授業では多くの質問が出され、検診センタースタッフの方に回答していただきました。また、学生からは、「市町で発行している無料クーポン券を利用して子宮頸がん検診を受けようかな」といった声も聞かれました。

これからも3者が協力しあい、活発な活動を進めていく予定です。