聖隷クリストファー大学│保健医療福祉の総合大学

自立支援介護

自立支援介護とは、人の「身体的」「精神的」かつ「社会的」自立を達成し改善または維持するよう、介護という方法によって支援していくことです。
昨年11月に開催された第2回未来投資会議において、安倍首相は「団塊の世代が75歳を迎える2025年は、すぐそこに迫っています。健康寿命を延ばすことが、喫緊の課題です。この『2025年問題』に間に合うように『予防・健康管理』と『自立支援』に軸足を置いた新しい医療・介護システムを2020年までに本格稼働させていきます。」と述べられました。さらに、次回の介護報酬改定では、自立支援に対する成果報酬の導入が検討されています。

アジア諸国をはじめ、諸外国が注目している、最新の自立支援介護の理論と実践について、分かりやすくご紹介します。

第2回未来投資会議での安倍首相のコメント動画(※政府インターネットテレビホームページより)
http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg14479.html