聖隷クリストファー大学│保健医療福祉の総合大学

トピックス

トピックス詳細

イーデス・コーワン大学(オーストラリア/パース市)と交流協定を締結しました。

協定書に署名を行う大城学長とSteve Chapman学長

1月17日(水)、本学とイーデス・コーワン大学(オーストラリア/パース市)は交流協定を締結しました。

イーデス・コーワン大学で開かれた調印式では、本学の大城昌平学長とイーデス・コーワン大学のSteve Chapman学長が協定書にサインを交わしました。

イーデス・コーワン大学は、オーストラリア西オーストラリア州パース市にある、1991年創立の公立大学です。8学部で合計300もの専攻があり、3つの広大なキャンパスには約29,000名の学生が在籍しています。
本学と関連する学部としては、西オーストラリア州で最大の「看護・助産学部」のほか、理学療法、作業療法、言語聴覚専攻のある「医療・健康科学部」、社会福祉専攻のある「芸術・人文科学部」、こども教育専攻のある「教育学部」を擁しています。

今後、本学と同大学は、学生・教員の相互交流や研究活動を積極的に推進していきます。本学は、国際的視野で活躍できる保健医療福祉の人材養成を目指しています。
イーデス・コーワン大学についてはこちらをご覧ください。